あんしん葬儀・葬式ナビ

初めての葬儀・葬式でも大丈夫。信頼できる葬儀屋・葬儀社を見つけ、安心・納得の葬儀をサポート

葬儀・葬式

「小さなお葬式」は信頼できる?口コミや評判・サービス内容を徹底レビュー

投稿日:

この記事を読まれているあなたは、「小さなお葬式」で葬儀をすることを検討されているかと思います。

  • 「小さなお葬式」の公式サイトにはいいことばかり書いてあるけど、信じて本当に大丈夫?か不安・・
  • 低価格・定額とあるけど、追加料金は取られない?安い分サービスの品質は悪いんじゃ?(何か裏があるようで不安・・)
  • 最大限安く利用する方法を知りたい
  • 実際に利用した人の口コミ・評判を知りたい

など、「小さなお葬式」に関する疑問や不安を徹底的に調べてお伝えします!

この記事では次のことがわかります

  • 「小さなお葬式」の公式サイトに書かれている内容は、本当なのか?(信じて大丈夫か)
  • 低価格・定額とあるけど、追加料金は本当に不要なのか。安い分サービスの品質は悪いのか?
  • 最大限安く利用する方法
  • 実際に利用した人の口コミ・評判

小さなお葬式ってどんな葬儀社(葬儀屋)?

小さなお葬式は「定額葬儀仲介サービス」

「低価格、明瞭で定額の料金プラン」で話題の株式会社ユニクエストが運営する「小さなお葬式」は、実際に葬儀を行う葬儀社(葬儀屋)ではなく、葬儀仲介サービスです。(私も最初、葬儀屋と勘違いしてました・・が、あくまでも「葬儀の仲介会社」です!)

葬儀社(葬儀屋)は全国に6000社ほどあると言われており、葬儀費用やサービスも様々で非常に複雑です。葬儀を行う経験は人生において何度もないので、どの葬儀社がいいのか判断が難しく、実際にトラブルも多いです。

「小さなお葬式」では、内容や料金プランが明確な葬儀プランが準備されています。

利用者である我々は、自分にあったプランを選び「小さなお葬式」で申し込むと、全国4000社以上の提携葬儀社に手配をしてくれます。実際に葬儀を行うのは、その地方の提携している葬儀屋さんです。

ポイント

小さなお葬式で選んだ「内容、料金プラン」の通りに葬儀を行ってくれるので、葬儀屋さんと面倒な交渉や条件の確認をしたり、曖昧な料金プランを提示されトラブルにあったり・・という「手間やリスク」を避けられる仕組みです。

この仕組みが、今人気の秘密なんですね!

小さなお葬式は何が良いのか?人気の理由は?

小さなお葬式の何が良いのか?をより詳しく見ていきましょう。

ポイント1.費用が「定額で安い」、プラン内容が「明瞭でわかりやすい」

小さなお葬式の魅力は何と言っても、「葬儀費用が定額で安い」「明瞭なプラン内要」でしょう!

一番安いプランのお別れ葬式(お坊さんを呼ばずに、火葬のみ行う)であれば、「140,000円」、火葬式(お坊さんを呼ぶ火葬式)であれば「188,000円」。

身内だけで行う小規模な家族葬は「488,000円」と、従来の葬儀では考えられないくらい破格の安さです。

「なぜそれを実現できてるのか?」「安い裏にはヤバいからくりがあるのでは?」

順番に見ていきましょう。

その1.適正価格に設定することで、低価格を実現

2017年度の葬儀費用総額(全国平均)は「195.7万円」、その中で葬儀社(葬儀屋)に支払う葬儀一式費用は「121.4万円」と非常に高額になっております。(※日本消費者協会「葬儀についてのアンケート調査」より参考)

なぜ、そんなに高額になるのか?

一般的に我々利用者は葬儀の経験が少ないです(一生に数回程度ですよね?)。なので、適正価格がわからないのです。

例えば、一般的な葬儀社に依頼すると、お棺代は3~8万します。でも原価は8千円程度。こんなに安いの!?とびっくりします

ポイント

小さなお葬式は、その不透明な葬儀費用を、適正価格に見直すことで安さを実現しているのです。

(つまり、ヤバいからくりやテクニックではなく、企業努力の結果なのです)

その2.無駄を省きさらに低価格化!明瞭なプラン内要で安心

先ほども言った通り、我々は一般的に葬儀の経験が少ないのが普通です。

また想像して欲しいのですが、基本的に葬儀の必要性は突然発生しますよね?

しかも、故人が亡くなってから、翌日には通夜〜葬儀を行う流れ・・つまり検討する時間が少ないです。

故人が亡くなる・・病院から遺体を移すように指示されバタバタ・・。関係各所に連絡。役所に届け出。葬儀の手配・・。

と、やることが非常に多いです。しかも、大切な人を亡くした悲しみ・・動揺もあります。。そして通夜・告別式まで時間もない。

となると、とてもじゃないけど冷静に検討する時間もなく、通夜・葬儀(告別式)などは葬儀社に丸投げ!

その結果、「想像以上に豪華な料理や、祭壇、生花(逆に品質の悪い葬儀サービスを受けることも)」。そして、想定外の高い費用請求。。

「こんなはずじゃなかった、、」「葬儀社にボラれた」「とてもじゃないけど支払えない」

などとトラブルが発生することがあるわけです。もちろん、納得のいく葬儀をされてる方も多くいらっしゃいます。でも、葬儀トラブルについてはよく聞きますよね?

「見積書をもらえず、請求も高額だった」など、消費者センターに寄せられる葬儀のトラブル相談件数も年々増加しており、消費者センターが注意喚起をしております!ご注意ください。(参考:独立行政法人国民生活センター

ポイント

一方で、小さなお葬式はこのような状況を解決しようと、葬儀形式ごとに(火葬式、家族葬など)必要な物品・サービスに絞って無駄を省きプランを組んでいます。無駄がないことで、さらに低価格化を実現しています。

各葬儀形式ごとに、なんの物品・サービスが含まれていて、総額いくらか、を明確に提示してくれてます。なので、後になって「不要なサービスが含まれていた」「想定外の費用が請求された」という心配がなく、安心して葬儀を迎えられるわけです。

 その3.定額を実現!(追加料金が発生しないって本当!?)

という、これまで不透明な葬儀料金に対して、(株)ユニクエスト社の企業努力の結果「低価格、定額。明瞭なプラン」を提供する小さなお葬式が実現されています。

でも、「本当に提示されてる金額だけで済むの?」

という疑問の声や「後で追加請求された」などの口コミ投稿がありますが、本当のところどうなのでしょうか?

私が、小さなお葬式を提供する(株)ユニクエスト社に問い合わせをし確認しましたが、

結論から言うと、「追加料金は発生せず、プラン通りの金額で済む」です。

ただ、プラン通りの金額ではなく、追加料金が発生する場合があるのも事実です。

え!話が違うじゃないか!

・・・と焦らず。汗

どういうことか?

私が調査した結果、追加料金が発生するのは次の3つのケースです。

追加料金が発生する3つのケース

・追加料金発生ケース1:あらかじめ定められた「条件外」の場合

「プラン料金意外に費用が発生する条件」は明確に定められ、公式サイトやパンフレットにも明示されています。(だから、「聞いてなかったぞ!!」などの心配はないです。条件を超える場合は、契約前にきちんと説明してもらえます。)

例えば

例1)希望の地域に「公営火葬場がない。公的サービスとして市民料金の設定がない」などの場合は、+60,000円(税込)発生する。

例2)寝台車や霊柩車の1回の移動距離が50kmを超える場合、10kmあたり+5,400円(税込)発生する。

小さなお葬式では、無駄を排除し、最低限十分に葬儀を実現できるプラン設定がされているので、例外的にそれを超える場合は追加料金が発生するのは仕方ないでしょう。それはどの葬儀社でも同じでしょう。

・追加料金発生ケース2:追加オプションを”利用者自身が”追加した場合

葬儀費用は複雑なのでよく勘違いされる方がおりますが(私もはじめはそうでした)、葬儀費用総額=「A.飲食接待費」+「B.寺院へのお布施」+「C.葬儀一式費用」で構成されます。

で、小さなお葬式の基本プランは「C.葬儀一式費用」に当たる費用です。

なので、当然ですが

例えば

例1)「A.飲食接待費」に含まれる、「通夜ぶるまい・精進落とし」などのお酒やお料理を追加オプションを追加される

例2)お付き合いのある寺院がないなどの理由で、「B.寺院へのお布施」に当たるお坊さんの手配を追加オプションされる

などの場合は、当然ながら追加料金が発生します。それは、どこの葬儀社も同じでしょう。

小さなお葬式の場合は、この2つのケースの場合も、「低価格、定額。明瞭なプラン」が準備されてます。また、契約前にきちんと説明してくれますので、安心できるでしょう!

・追加料金発生ケース3:無宗教、仏式以外の葬儀(神式、キリスト教、友人葬など)を行う場合

仏式、無宗教以外の葬儀を行う場合は、用意する物品が違うため別途費用が発生する場合があるようです。その点を注意して、見積もり時に確認することが大事でしょう。(ただし、他の葬儀社でもこれは同じです。)

まぁ、いずれにせよ葬儀を行う際は1社だけでなく、複数社に相見積もりをとり比較検討するのがセオリーなので、納得のいくプラン、料金の葬儀社を選べば安心ですよね。

見積書は必ず”複数社”からもらい、比較検討しましょう。

1社1社問い合わせるのが大変な場合は、一括見積もりサービス(無料)を活用するのが便利です。

ポイント2.今主流の小規模でシンプルで無駄のない葬儀(家族葬、直葬)に対応

さて、「望ましい葬儀形式は?」というアンケートに対し、64.1%の人が「費用をかけたくない」、44%の人が「家族だけで送ってほしい」と回答しています。

一方で、「立派な葬儀にしてほしい」と回答した人は、わずか2.3%の結果です。

このように最近は「葬儀にあまり費用をかけない」「家族だけで小規模に行う」という人が多く「低価格」「シンプルで小規模」な葬儀プランが主流です。

ポイント

その中で特に人気のプランが、家族・親族を中心に一般的な葬儀の流れに沿う「家族葬」は488,000円、家族・親族で火葬のみを行う「火葬式(直葬)」は188,000円で行えます。(小さなお葬式の場合)

特に今主流の「低価格、シンプルで小規模なお葬式」を得意としているのが、小さなお葬式でしょう。だから、NHKなどで取り上げられ話題になってるわけですね!

ポイント3.日本一提携葬儀場が4000社以上!「近くの葬儀場」や「有名な葬儀場」で行うことも可能

先ほど小さなお葬式は「定額葬儀仲介サービス」と説明したように、葬儀のプランニング&手配を小さなお葬式が行い、実際に葬儀を行うのは地方の葬儀社(葬儀屋さん)です。

我々利用者としては、希望の地域で、信頼できる葬儀社(葬儀屋さん)でお願いしたいですよね?その辺りはどうなのでしょうか。

ポイント

小さなお葬式では、全国の4,000式場以上の葬儀場・葬儀社と提携しており(日本一の提携数)、全ての都道府県で対応可能です。葬儀社は全国で6,000社ほどと言われているので、かなりの割合でカバーされてます。

資料請求をすれば、小さなお葬式から希望地域の葬儀場の情報が送られてきますが、その前に調べたい方は公式サイトから簡単に検索できるので、調べてみてはどうでしょうか。

ポイント4.突然の葬儀にも対応可能

危篤、逝去で、今すぐ葬儀を手配したい!すぐに遺体の移動、安置が必要!

という方も、公式サイトから電話すれば、全国どこにでも最短30分でベテランスタッフが対応してくれます。

なので、ぜひ相談してみてください。

小さなお葬式は本当に信頼できるのか?注意したいポイント

小さなお葬式のような新しいネットサービスって信頼して大丈夫?実績はあるの?

web葬儀サービスのパイオニア企業

今やどんな分野でもインターネットサービス(webサービス)が浸透し、より良い生活ができるようになってます。

その一方で葬儀業界のwebサービスはまだまだこれから発展途上でしょう。葬儀サービスの品質が向上するよう、新しいwebサービスには頑張ってもらいたいですね。

小さなお葬式を運営する、(株)ユニクエスト社は2006年より「webを介した葬儀サービス」を提供開始し、web葬儀サービスのパイオニアです!(イオンが展開する同様の葬儀仲介サービス「イオンのお葬式」は2009年9月よりスタート)

ビジョンは「不透明な葬儀業界の内容と価格を”適正価格”に見直す」

このサービスビジョンは多くの利用者に支持され、サービス開始より累計15万件の葬儀実績があるようです。

これは、全国で行われた葬儀の約33件に1件は「小さなお葬式」経由で行われている計算になるようです。

NHKなど多くのメディアに掲載!お客様満足度93.4%

そして2017年葬儀受注件数はNo.1になっているようですね。(TPCマーケティング・リサーチ調査)

ポイント

web葬儀サービスのパイオニアとして、受注件数No1、お客様満足度を93.4%を達成。葬儀業界の課題と向き合い、「定額で安い、明瞭なプラン」という企業努力で業界に与えたインパクトから、NHKをはじめ多数のメディアに取り上げられています

「実績」「評価」という観点から、信頼できる企業でしょう。

私も、(株)ユニクエスト社の社員さんとお話させて頂きましたが、非常に真摯に取り組まれてましたよ!彼ら彼女らは本気で良いサービスにしようとしてますね。

定額費用というが、追加料金は本当に発生しない?

追加費用は本当に発生しないの?

という疑問は非常に多くいただく質問です、これは私もはじめ心配でしたのでわかります。

これには、先ほど説明した通り、提示されているプランの範囲内で行う分には「追加費用は発生しません!定額です」

私が独自に調査しした結果、追加費用が発生するケースは3つで、

追加料金が発生する3つのケース

  • 追加料金発生ケース1:あらかじめ定められた「条件外」の場合(→パンフレット、公式サイトに条件が記載されている)
  • 追加料金発生ケース2:追加オプションを”利用者自身の希望で”追加した場合
  • 追加料金発生ケース3:無宗教、仏式以外の葬儀(神式、キリスト教、友人葬など)を行う場合

の場合です。

ケース1・3は、どの葬儀社でも発生し得ます

ポイント

ちなみにケース1の「条件」は各社違います。葬儀プラン内容ごとにtop3社の「条件」を比較した記事を参考にしてもらいたいですが、結論からいうと次の順位で「条件」が良いとおすすめします。

1位:小さなお葬式

2位:よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

3位:イオンのお葬式

→「家族葬」「火葬式(直葬)」「1日葬」「一般葬」別に定額葬儀サービスtop3社を比較した詳細はこちらのリンク先をご覧ください。

ケース2も追加オプションが不要であれば、「基本のプランでお願いします。追加オプションは不要です」と伝えればよいだけです。

いずれにせよ、資料請求(または電話相談)する際に、「地域や人数や希望の形式」などを伝えると、見積もりを出してもらえます。

その内容と金額を見つつ、必要に応じてオペレーターさんと相談しつつ、条件を詰めればいいでしょう。

また、普通は複数の葬儀社に相見積もりをとるので、他の葬儀社含め、「内容」「価格」で最後判断すればいいです!

私も資料請求しましたが、「小さなお葬式」はしつこい勧誘もなく、非常に丁寧に相談に乗ってくださるので、安心して資料請求&相談しましょう。

見積書は必ず”複数社”からもらい、比較検討しましょう。

1社1社問い合わせるのが大変な場合は、一括見積もりサービス(無料)を活用するのが便利です。

小さなお葬式を最大限安く活用する方法

安くする方法1:事前相談・事前資料請求で5000円割引!(1分でできて、簡単!)

小さなお葬式の公式サイトから簡単に資料請求できます!電話で資料請求も可能です、必要事項も1分ほどで記入できます。簡単です。

それだけで葬儀費用が5000円割引になります。

しかも、「小さなお葬式パンフレット」「葬儀の見積もり(プラン内容、料金がハッキリわかります)」「希望地域の葬儀場情報(早く入手しましょう!)」「エンディングノート(必要な情報を整理するのに活用しましょう!)」が無料でもらえます。

ちなみに、お急ぎの場合はメールに添付してすぐに送ってもらえます。なので、安心ですね!

※私も資料請求しましたが、しつこい勧誘など全くないので安心してください

安くする方法2:早く申し込んだ分だけお得!最大66,000割引の早割制度

以前は500円の申し込み料金がかかった「早割」ですが、今は無料で申し込めます。

この早割制度ですが、申し込みから「30日後」「1年後」「2年後」の3段階で割引価格が最大66,000円安くなります!

なので、葬儀を検討されている方は、1)早く資料請求し、他の葬儀社にも相見積もりをとる。2)小さなお葬式に決めたら、すぐに申し込みをする!と一番お得に利用できるでしょう。

公式サイトに「早割シミュレーション」があるので、気になる人は使ってみましょう。

小さなお葬式の口コミ、評判

「小さなお葬式」の口コミや評判はどうなのか?YAHOO!知恵袋を参考にチェックしてみました。

「小さなお葬式」の良い口コミ・評判

各地域の葬儀社と提携していて、実際葬儀をとり行うのは、その葬儀社です。提示されている以上の、追加料金などは一切なくて非常に明瞭ですので、その点は心配ありません。資料請求で割引がありますし電話勧誘などもないので、資料請求はしておくといいですよ。(参考:YAHOO知恵袋のコメント)

決めた理由としては価格とプラン内容でした。急な葬儀にも対応していただき、非常に助かった記憶があります。小さなお葬式は安いからといって対応等に問題があるわけではなく、むしろ丁寧で色々な説明もとてもわかりやすかったです。安くお葬式を行いたいのなら、あらかじめ、小さなお葬式の資料を取り寄せて目を通しておくといいと思います。(参考:YAHOO知恵袋のコメント)

私は父の葬儀で小さなお葬式を利用させていただきました。実際、人生の中で葬儀社とおつきあいしたのは一度だけなので優劣はつけれませんが、私は特に問題を感じませんでした。(参考:YAHOO知恵袋のコメント)

小さなお葬式は突然葬儀の準備が必要になった場合でもすぐに対応してくれ助かりました。(参考:YAHOO知恵袋のコメント)

「小さなお葬式」の悪い口コミ・評判

小さなお葬式。最近よく耳にしますが、全国規模(インターネット)でやってますが、実際の施行は誰がやってるのか分からないのが不安ですよね。(参考:YAHOO知恵袋のコメント)

小さなお葬式から申し込んだ場合、実際の施行は提携している葬儀社さんがプラン内容の通りに行ってくれます。

小さな葬儀は、それなりの規模でしか行えませんし後付で費用が発生する場合があります。そのあたりをきちんと書面で確認して、しっかり考えておきましょう。先に「費用はこれくらいしか出せない」とはっきり言っておくことが大事です。「まあこれくらいなら余分に出してもいいかな」というのはナシで。(参考:YAHOO知恵袋のコメント)

小さなお葬式を利用数場合、100人程度までの規模は対応可能でしょう。

また、追加料金が発生する条件はパンフレットにも記載があり、まとめると次の場合に追加料金が発生します。

  • 追加料金発生ケース1:あらかじめ定められた「条件外」の場合(→パンフレット、公式サイトに条件が記載されている)
  • 追加料金発生ケース2:追加オプションを”利用者自身の希望で”追加した場合
  • 追加料金発生ケース3:無宗教、仏式以外の葬儀(神式、キリスト教、友人葬など)を行う場合

小さなお葬式がおすすめの理由まとめ

 

-葬儀・葬式
-,

Copyright© あんしん葬儀・葬式ナビ , 2020 All Rights Reserved.